そのままスキャンの4つのこだわり

最高品質の電子データを提供することをお約束します。

そのままスキャンの4つのこだわり

スキャニングされたデータの品質が低く読みにくければ、お客様はその電子データにストレスを感じてしまいます。

そして、お客様はずっとストレスを感じたままその電子データを使い続けなければなりません。

そのままスキャンはお客様がストレスを感じることがない「最高品質のデジタルデータ」を提供しております。

こだわり① 1ページ1ページ手作業でスキャンしております。

最高品質のスキャンデータを作成する為には人が作る必要があります。

貴重な書籍を人の手で

書籍は同じ状態のものは2つとありません。

中綴じや平綴じなど製本状態も違います。

よって、書籍の状態を判断し指先で微妙に調整してスキャンする必要があります。

最高のクオリティーでスキャンするためには熟練された人の手が何よりも必要です。

お客様からお預かりする大事な書籍に細心の注意を払っています。

本・書籍を慎重に扱っているイメージ画像

そのままスキャンにはかなり古い書籍も多く送られてきます。

書籍の取り扱いには細心の注意が必要です。

だからこそ、それぞれの書籍の状態を都度見極めつつ、手作業で慎重に作業する必要があります。

こだわり② 選び抜いた特別なスキャナーを使用しています。

そのままスキャンが採用しているスキャナーは品質重視で選びました。

裁高品質を表すイメージ画像
そのままスキャンが使用しているスキャナーはスキャン対象のページに光が均一に当たるため光源ムラが発生しません。 しかし、スピードが遅く作業効率がよくありません。 弊社では何よりもスキャンクオリティーを重視するためにスピードが遅くても光源ムラが発生しにくいスキャナーを採用しております。

より高いクオリティーのデジタルデータをより安く提供しています。

価格が安いというイメージ図

そのままスキャンが使用しているスキャナーは高い品質でスキャンすることができるのですが、作業スピードが遅いという欠点があります。

しかし、作業フローを極限まで効率化することによってスキャン料金を抑えております。

そのままスキャンでは高品質のデジタルデータを安価な料金で提供することを追求しています。

こだわり③ スキャンの画質に徹底的にこだわっています。

本の内側も影が出ることなくきれいにスキャンします。

裁断せずにスキャンしたとき本の内側に影が出ている画像と出ていない画像の比較図

会社にあるような一般的なスキャナーでは、書籍をスキャンするときに本の内側に陰が出てしまいます。

弊社では、書籍を裁断しないままスキャンすることができる専用のスキャナーを使うことによって、本の内側も陰が出ることなくきれいにスキャンいたします。

スキャン作業後に画質調整を行い更にきれいなデータを作成します。

裁断せずにスキャンしたあとの画質調整している画像としていない画像の比較図

書籍は通常スキャンしただけでは画像全体が暗く写ります。また、文字と背景のコントラストが弱く文字が見にくいなど電子書籍データとしては不十分なものができあがります。

そのままスキャンではスキャン作業終了後に、スキャンされた全ページを電子書籍向けに画質調整することによって、電子書籍に適正化されたデータファイルを作成しております。

こだわり④ スキャン画像の色にこだわっています。

ディスプレイ、スキャナーにカラーマネージメントを行っています。

モニターとスキャナーにカラーマネージメントをしている画像としていない画像の比較図

印刷物と違い、デジタルデータではそれぞれのモニターによって色の再現性が違ってしまうため、厳密なカラーマネージメントは存在しません。

しかし、弊社ではsRGBのモニターが最も多く使われていることを考え、色温度6500K ・ガンマ2.2をターゲットにしてディスプレイ、スキャナーともにカラーマネージメントをおこなっております。

スキャンをおこなう作業スペースの蛍光灯にもこだわりました。

色比較・検査用ランプ「D65蛍光灯」の画像

スキャンをおこなう作業場の全ての蛍光灯に、世界初の色比較・検査用ランプ「D65蛍光灯」を採用しています。

これにより、外部環境に左右されることなく、自然光と同様の条件「色温度6500K」を保ったまま常にスキャンすることができます。