最新鋭の機器で
最高品質のジークレーを

    

 無料お見積りはこちら

ジークレーとは?

データとして保管された絵画やイラストを、専用のインクジェットプリンターを用いてアート専用の用紙に印刷したものをジークレーと呼ばれます。 フランス語の「(インクの)吹きつけ」を意味する「Gclee」という単語から日本国内ではジークレーと呼ばれ、最新のデジタル版画として複製画の主流となっています。従来の印刷物に用いるCMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・キープレート)の4色に中間色や特色などを含んだ12色を使い分け、インクによる最高品質の色彩表現が可能です。
また、インク自体の吹き付け量も大・中・小と使い分けることができるため、グラデーションや凹凸感、支持体の質感などきめ細やかなニュアンスも再現致します。顔料インクを使用するため耐光性・耐水性といった耐久性にも優れ、適切な環境で保存した場合50年以上とも言われています。 作品の複製を色やニュアンスを忠実に再現し、かつ安価に複製する手段として、ジークレーは最適な複製手段となっています。

ジークレー制作の主な流れ

アートスキャナー

01 スキャン

絵画専用のスキャナを用いてスキャン。
凹凸感や支持体のニュアンスなど、子細に至るまで鮮明かつ忠実に電子化致します。

色校正

02 色調整・色校正

PC上で編集ソフトをもちいて色味の調整を行います。紙やインクによって印刷される物の色合いも変わりますので、調整後は印刷された物と見比べながら更に校正を行います。

加工

03 額装・マウント加工

パネルへの貼り付けや額装など、ご要望に沿った形で加工を施します。また、加工を行わず印刷された作品のみを納品する事も可能です。

メリット

高品質

高品質

絵画専用のスキャナーと最新の12色機プリンターによって絵画専用のメディア(紙・布地)に印刷いたしますので、通常の印刷では再現できない凹凸感や色合いなど作品の魅力を細部まで再現致します。

保存性

保存性

耐光性が高く変色のしにくい水性顔料インクを使用。また、紫外線などにも耐久性があり、耐水性にも優れています。絵画専用のメディアをもちいた場合、50年以上の耐久年数があると言われています。

低コスト

低コスト

必要な枚数を必要な時に印刷する事の出来るいわゆるプリントオンデマンドであり、少量の印刷でも低コストに抑えることが可能です。見本として一枚のみ印刷し、受注を受けた時に必要に応じて印刷する事も出来るので、リスクの軽減にも繋がります。

活用シーン

  • 安価に作品を印刷したい
  • 様々な場所で大量に飾りたい
  • デジタルデータで制作した作品を印刷したい
  • 作品の原本は保管し、必要に応じて印刷したものを販売したい
  • 印刷した作品を用いてミクストメディア作品を制作したい
  • 博物館・美術館で保管されている掛け軸などの複製
  • 写真作品を高品質で印刷したい

料金案内

スキャン・用紙・加工等、一品一品お客様のご要望に合わせたお見積を算出致します。
詳しくはお問い合わせください。

 無料お見積りはこちら

よくある質問

スキャナーや撮影によって電子化した絵画作品を特殊なプリンターによって絵画専用の用紙に印刷した物がジークレーと呼ばれます。

スキャン・用紙・加工等、一品一品お客様のご要望に合わせたお見積を算出致します。詳しくはフォーム、又は電話にてお問合せください。

通常のプリンタと違い特色を含んだ12色のインクを使用して印刷するため、表現出来る色の幅が広く、抜群の再現性を誇ります。また、絵画専用のスキャナー、絵画印刷専用の用紙を使用するため、通常の印刷とは一線を画す仕上がりとなっています。

耐光性・耐水性に優れた水性顔料インクを使用しているため適切な環境で保存すれば50年以上は保管する事が可能です。

可能です。印刷用の和紙を多数ご用意しております。詳しくはフォーム、又は電話にてお問合せください。